Berlin
Frankfult Munich

HOME

北米(NorthAmerica) ロサンゼルス カリフォルニア カナダ

ヨーロッパ(Europe) ドイツ スイス イタリア

アジア(Asia) タイ 香港・マカオ 上海(中国) 韓国 日本



ミュンヘン中心部からSバーンで
30分程のアリアンツアリーナ

夜になるとライトアップされるこのサッカースタジアムは幻想的で代表戦の時は白、バイエルンミュンヘンの時は赤、1860ミュンヘンの試合の時には、青にライトアップされます。
スイス建築界のスーパースターがデザイン。SバーンFlottmaning駅から徒歩。
日本の表参道のプラダ等もこの人が手がけています。DB BARNドイツ以外の情報も得られる

ノイシュバンシュタイン
ドイツ ミュンヘンから2時間程、フュッセンのノイシュバンシュタイン城

シンデレラ城のモデルと言われている白亜の城です。旅行代理店のパンフレット等にも載りがちで、ドイツの城の中でも有名な方だと思います。 ミュンヘンから2時間程で、フュッセンというバイエルンの田舎町に行きバスと登山でたどり着きます。 馬車を使い山を登ることも出来るようになっていますが道中、馬の糞が凄くかなり、う○こ臭いです。
断崖絶壁の山と山に架かるマリエン橋から撮影した風景です。 ルートヴィヒ DVD

フランクフルトのバルトスタジアムです。
現在は、コメルツ銀行が命名権を持っているので、コメルツバンク・アレーナとなっています。
フランクフルト中央駅(FrankFult Ost Bahnhof)より2つめの駅で下車。徒歩で数分のところにあります。

ミュンヘン中央駅

IC やICEも利用出来る大きな駅です。
ドイツは、ジャーマンレイルパスがありますが、ユーロセレクトパスなども指定席券を買わずに簡単に乗れるので事前に購入しヴァリデートだけで使用可能です。
ic

ミュンヘンの市庁舎

ミュンヘン中央駅からカールスプラッツを通り、マリエンプラッツへ。

時計中心部の緑の中のからくり人形が動くからくり時計として有名です。

写真の針が示しているとおり、この明るさで午後9時です。
サマータイムという事もあり、とにかく日が長い夏のヨーロッパ。午後9時10時でも日本の午後4時くらいの感覚です。
戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)

ブランデンブルグ門からジーゲスゾイレまでの通りを6月17日通りと言います。
ヴィムベンダースの映画「ベルリン天使の詩 」でも天使が座っているシーンで有名です。
普段は人通りも大した事無いのかもしれませんが、ワールドカップフェスティバルで世界中から凄い数の人でした。特別な期間に旅行すると通常の旅行よりも楽しめるなあ~と感じました。


FIFA2006ワールドカップ 決勝トーナメント ドイツ×スウェーデン
ミュンヘンの新スタジアム、アリアンツアリーナです。アリアンツアレナ公式ページ
開閉式ドームで、雨の時はスタジアム上部の屋根は閉まっていました。

ベルリンの壁


ベルリン、旧東ドイツエリア、世界時計等のあるアレクサンダー広場から
南の「イーストサイドギャラリー」です。 1.6キロに及びベルリンの壁が観光用に残されています。

ハイデルブルグのハイデルブルグ城

フランクフルトからICで1時間ちょっとです。
ドイツ一美しい街と言われるハイデルベルグ。大学の町としても知られており、ドイツ最古の大学のあるところとして有名です。
他の場所に比べ、さ程観光地化されていませんが、それが逆に静かで中世の面影を残していて良かったです。
ベルリン、ブランデンブルグ門

ベルリンの象徴でもあり、ドイツの象徴でもあるこの門を境に

ベルリンの壁が築かれていたため、1990年以前は、門をくぐる事が出来ませんでした。
今回は、特別仕様でワールドカップフェスティバルが行われていて
世界中から人が集まり巨大ボールやバンジージャンプ、出店等普段とは全く違う周辺になっていました。

ベルリンの壁

ベルリンの壁は、観光用に残されています。イーストサイドギャラリーといわれ観光用に残されたベルリンの壁です。旧東ドイツからの撮影 ベルリンのアレキサンダー広場から電車で10分程で行けます。

ベルリン、旧東ドイツ圏の「世界時計

テレビ搭と並び、旧東ドイツの象徴

共産圏らしい宇宙的なモチーフが印象的
場所はアレクサンダー広場のすぐ脇にあるのでアレクサンダー広場まで行けば徒歩でいけます。
現在は、東西統一されていますが、実際に行ってみると16年たった今でも断片的に東のイメージを感じる工事中の場所や建物、雰囲気が残っていました。

ゲーテゲーテ像とユーロ銀行
(欧州中央銀行)

欧州通貨ユーロの総本山

フランクフルトは、経済の中心都市で、ニューヨーク、ロンドン、東京と並び世界経済の重要拠点です。
と言うとさぞ、凄そうですが実際は高層ビルのビジネス街に、ひょっこりとあるだけで、観光では見てもどうという事はありません。
右の写真は、ゲーテ像です。 文豪ゲーテの名作ファウスト

 
フランクフルト バルトスタジアム
ロナウド
ポルトガル×イラン 現在は、コメルツバンクスタジアム RONALDO/ロナウド [DVD]

ベルリンの旧東エリア

世界時計と並び、旧東ドイツの象徴テレビ搭です。
アレクサンダー広場からすぐのところにあり、普段と違い円形のところが、サッカーボールになっているワールドカップ仕様。
エレベーターで登れば東ベルリンの街並みも一望出来ますし、かすかにブランデンブルグ門やウンターデンリンデンも見えます。


政治や経済と同じく、雇用体制等まだまだ見えない「壁」があるのかもしれません。