Zürich
Genevra Interraken Bern

HOME

北米(NorthAmerica) ロサンゼルス カリフォルニア カナダ

ヨーロッパ(Europe) ドイツ スイス イタリア

アジア(Asia) タイ 香港・マカオ 上海(中国) 韓国 日本

チューリッヒ中央駅チューリッヒ

スイスの玄関口とも言えるチューリッヒ
首都ベルンまでは、ICEで1時間程度。
ドイツのミュンヘンまでも3時間程度で行けてしまう国際都市です。
ヨーロッパらしい大きな国際ステーションといった感じです。

 ツェルマットのマッターホルン

アルプス山脈標高4478m。スイスとイタリアの国境に位置する。
アイガー、グランド・ジョラスとマッターホルンを三大北壁と呼ぶ。 手前はライ湖。
スイスとイタリアの国境付近にあたる南スイスの小さな村、ツェルマットから登山鉄道や
ケーブルカーで各展望台へ行きマッターホルンを見上げるととても素晴らしい光景に出会えます。
マッターホルン情報 http://bergbahnen.zermatt.ch/ ツェルマットの川が白いのは
グレッチャー・ミルヒ(氷河のミルク)と呼ばれる氷河の溶け水だからです。

マッターホルン
より大きな地図で Matterhorn を表示
街自体が世界遺産のスイスの首都ベルン世界遺産

スイスの首都はチューリッヒでもジュネーブでも無くベルンです。

意外と日本人には馴染みの無いベルンですが、中世の面影を残す素晴らしい街並みです。
アーレ川は泳げる程の綺麗さ、街並みとは裏腹にかなり都会な、人種の宝庫です。
bernベルンの現在のムービーや高画質壁紙等もあります。多国籍社会のスイスを象徴するように雰囲気のある街並みです。

アイガー、メンヒ、ユングフラウヨッホのアルプス山脈 世界遺産

クライネシャイデリック駅からの眺めです。    
クライネシャイデリック展望台は、インターラーケン・オストからBOB登山鉄道で、グリンデルワルトで乗り換えユングフラウヨッホ(TOP OF EUROPE)にいくWAB登山鉄道で行けます。
Jungfraubahnen(ユングフラウヨッホ) http://www.jungfraubahn.ch/
ベルンからインターラーケンまで、何と1時間で行けてしまうので、ユングフラウヨッホ頂上には、スフィンクス展望台が有名です。

 
ジュネーブの大噴水 [ ジェ・ド ]

1秒間に500リットルの水を120mの高さまで噴き上げます。

目の前に映っているレマン湖の南のエビアンという街は水で有名なあのエビアンです。スイスですが、フランスに囲まれているだけあり、フランスの空気感(匂い)があり ローヌ通りの賑わいぶりは、まさに世界の街、国際的な雰囲気。

ベルンの市庁舎頂上からの眺め。真中に見えるのが牢獄塔

WankDolfをホームスタジアムとする
  ベルンヤングボーイズ  BSC YOUNG BOYS
ベルンは、イタリアのミラノまで車で3時間程度で行けるそうです。(友人談)。 スイス人(ベルン人)はミラノでサッカーを見るのが特別でなく週末にファッションショッピングがてら行くそうです。

アイガー北壁駅」(Eiger Wand)

アイガー北壁駅から眺めるアルプスの山々

登山鉄道で、インターラーケンからグリンデルワルトを経由してユングフラウヨッホへ到着する2つ前の駅、アイガー山脈の岩盤をくり抜いて 駅から外界を見られるようにした場所(駅)からの眺めです。要するにアイガー山脈(アルプス山脈)の中から見た風景です。 駅以外は、岩山の中なので、ずっとトンネルです。 VICTORINOX(ビクトリノックス)
ベルンベルンの噴水8つあります。
ツェーリンゲンの噴水

背後に映る建物は牢獄塔。
甲胄をつけた熊の兵士。
ベルンの創始者ツェーリンゲン家を象徴している噴水です。熊は、ベルンの象徴で、熊壕もありベルンという名前も、ベーレン(熊)という言葉からきています。


ユングフラウヨッホの頂上、スフィンクス展望台
(写真上部)
下部は駅とレストラン等、山を削って作られた施設です。

世界で一番高いところにある郵便ポストなどあります。
スイスの情報サイトはこちら
インターラーケンからBOB登山鉄道を乗り継ぎ登山鉄道を楽しんでいれば着きます。
2012年春。インターラーケン・オスト駅横に
新しいスタイルのユースホステル


チューリッヒ ストリートパレードなども有名ですね。

チューリッヒ、ケー橋から見たグロスミュンスターとフラウミュンスター

右の2つの塔がグロスミュンスター(大聖堂)。左の青い尖塔がフラウミュンスター(聖母教会)です。フラウミュンスター教会内には、シャガールのステンドグラス。チューリッヒは、日本やアメリカ、他のヨーロッパには無い独特の風(空気、雰囲気)がありどこか上品な落ち着いた雰囲気のある街です。

ベルンのローゼンパーク(バラ公園)から見たベルン旧市街の街並みです。世界遺産
1300年前後の中世からの歴史を誇るこの街は透き通るような。中世の雰囲気を感じる旅に最適です。

エメラルドグリーンのアーレ川に挟まれており、アーレ川では遊泳も可能です。 中央左に見える塔は、ベルンの大聖堂です。
モーゼの噴水

ベルン街内に8つある噴水の1つ。大聖堂(Dom)の正面にあります。
十戒の石版を持つ旧約聖書の預言者として知られる人物。bern

スイスの彫刻家 ジャコメッティのCG
Siggraphで賞を取りました。動画はこちら
 
【 雑記 】

海外で充電する際に大変使えるものをご紹介します。
オールインワンタイプの万能型プラグアダプター「サスコム」です。

自分は、海外行く時これ1つでOKです。何通りものプラグに対応 B、B3、BF、C、SE、Oタイプに対応

ipodの充電やデジカメなど何でも充電可能。今のところドイツ、スイス、アメリカ、マカオ、中国で使用可能済みです。いろいろ対応プラグを考えるのが面倒な方にはコレ1つでOKなので、便利ですね。 欠かせないアイテムです。